Top >> 2017年6月

2017年6月の記事一覧

SGLT2阻害剤内服でケトアシドーシスになるメカニズムの仮説

SGLT2というのは腎臓の尿細管の膜に発現しているたんぱく分子で、尿に排出されたブドウ糖を再吸収する役割を果たしています。このSGLT2の機能を阻害することでブドウ糖を尿糖として捨てるのがこの薬の作用

1型糖尿病患者さんがSGLT2阻害剤を使う危険性について

今回はごく一部の人を対象にした記事です。1型糖尿病の特殊性について、改めていろいろと考えさせられる話になっています。いろいろと考えるべき問題、他山の石となりうる話も入っていると思いますが、さっと読んで

インスリン受容体発現の多い少ないがどんな病態を生みだしているのか?

インスリンの作用というと筋肉や脂肪細胞に作用してブドウ糖をとりこみ、血糖値を下げる、吸収した糖質をグリコーゲンや体脂肪に換える、という機能だけが注目されています。でも、ほかの作用についても考えた方がい

インスリンが強く作用する意外な臓器 受容体の発現を見ると・・・

インスリンの作用についてもう一度よく考えてみましょう。私たちが知っているのは以下のような話ですね。インスリンは膵臓から分泌されると1.インスリン受容体を発現している細胞に受容体を介して作用します。たと

さるかにがっせん ~糖尿病メビウスリング~

ある日、カニがおにぎりを持って歩いていました。「今日の晩ごはんもおにぎりかあ、お昼ごはんもおにぎりだったし、糖質だらけで体に悪いから、歩いて筋肉使って血糖下げておかなきゃ。それにしても、たくさん歩くの

スイートメモリーズ 大切な誰かのために

糖質制限を推奨する医師や栄養士、そして実践している人たちの糖質制限するやり方って、けっこうバリエーションが豊かです。糖質摂取量で分類しても何とおりかありますし、摂取する糖質、脂質やたんぱく質の質や、摂


Page: 1


プロフィール

carpincho3

50代の男性医師です。低糖質ダイエットを実践してその効果に驚き、このサイトを作りました。

連絡先はこちら↓
carpincho3blanco3@gmail.com 
(全角の@を半角の@に変えてください。)

私のブログをまったく読まずに一方的に質問を投げかけるのはおやめください。 いただく質問の答えは、ブログ内の記事、あるいはコメントでのやり取りに記載されている場合が多いと思います。 量が多くて読むの大変だから、ということであれば、知恵袋などの質問サイトをご利用なさってはいかがでしょうか。 また、コメントへの返信やメールへの返信は「無償の善意の第三者」としてやり取りさせていただいているつもりです。 自分の家臣に問いただす殿様みたいな非常識な投げかけは、ときに無視しますので、あしからずです。 コメントやメールには医学的に間違いないようにお答えしたいと思いますし、急に忙しくなって対応できないこともありますので時間がかかる場合があります、ご了承ください。


サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

記事総数: 330
コメント総数: 3863
スポンサードリンク
糖質制限関連おすすめ書籍
ウェブページ
リンク
読者の皆様へ

糖質制限がうまくいかない人は明らかに一定数存在しますし、その方々の存在を否定するつもりなど毛頭ありません。
人はそれぞれ遺伝子が違い、環境が違い、そのアプローチに挑むときの年齢や健康状態も違うのですから、同じことをしても同じ反応が出ないのは当然のことだと思います。 私も、そのことについては頻繁に言及しています。

しかし一方で、記事一つ一つは、異なる人へ向けての異なるメッセージです。
すなわち、個別記事というものは、どういう人々に何を伝えるか、ターゲットを明快にして書くものだと私は考えています。
そういうところでいちいち、しかし、例外はあります、とか言って全ての人に配慮した注釈を付けると、読む側もメッセージがなんなのかわからなくなります。

したがって、読まれた方の立場次第では、その記事では自分の存在を無視されているように感じる、配慮が足りないと感じられる記載内容があり得ます。
その場合、その記事はほかの人に向けられた記事であると、スルーしていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。

ぽっちゃりも糖質も菊芋におまかせ ↑宣伝ヽ(´▽`)/
スポンサードリンク