Top >> 低糖質ダイエットに適した食材

低糖質ダイエットに適した食材の記事一覧

スイートメモリーズ 大切な誰かのために

糖質制限を推奨する医師や栄養士、そして実践している人たちの糖質制限するやり方って、けっこうバリエーションが豊かです。糖質摂取量で分類しても何とおりかありますし、摂取する糖質、脂質やたんぱく質の質や、摂

コンビニのお惣菜で糖質制限してる人に細かくケチをつけるのはNG

最近は関西と関東を週に一回、新幹線で往復しています。水曜日の夕方には新神戸駅を出て新横浜にむかうのですが、最近、新神戸駅の駅の内外の売店がセブンイレブンに変わりました。嬉しいのが、セブンイレブンのお惣

玉ねぎをよく炒めると甘くなるのはいくら食べてもOKな甘みなのか?

昔読んだダイエットの本の中に、「砂糖は絶対使っちゃダメ、その代わり、甘みが欲しければ玉ねぎをあめ色になるまでよく炒めて使えば驚くほど甘くなるのでそれを使いなさい。私はフライパンいっぱい作ることもありま

トマトやプチトマトの糖質は低糖質食品として失格か許容範囲内か?

トマトの糖質やプチトマトの糖質について調べてらっしゃる方がよくここを訪問されます。このブログを書き始めてすぐに記事を書いていて、そこへの訪問者が多いのですね。⇒ 野菜の糖質は気にしなくてよいのか?前の

ためしてガッテンの高野豆腐の戻し方とレシピを糖質制限に応用する

先日、深夜にためしてガッテンの再放送を見ていたら、高野豆腐の戻し方というのをやってました。画期的な戻し方だそうです。高野豆腐なんてぬるま湯につけるか水につけるかするだけじゃん。面倒だから小さく切られた

太らないアイスクリームの選び方 カルピンチョ編

あっという間に7月になってしまいましたね。今年も半分過ぎてしまった、だいじょうぶか、おれ・・・(^^;)なんかすっきりできないままに前半が終わってしまった。まだまだ悩みは継続中ですが、2014年も後半

赤い肉(Red Meat)は控えめに食べる方が良いのか?

日本語には正確な翻訳が存在しないアメリカ英語に「Red Meat」というのがあります。直訳すれば「赤い肉」なのですが、肉は赤いもんだろ?って思っちゃいますよね。でも、「Red Meat」(以下はレッド

貝類は素晴らしい低糖質食材・・・ではないってか?

糖質制限をする上でとっても便利なのが「食品成分表」です。私が使っているのはこれ、主婦の友社のものです。 決定版 みんなが使える食品成分表―知りたい栄養成分値がすぐわかる 10年ぐらい前の本なので、これ

横浜中華街まで豆腐麺を買いに行こう♪

豆腐干糸って覚えていますか?ずいぶん前に記事にしましたが、低糖質の麺料理の素材としての豆腐麺、横浜中華街で買ってきて美味しくいただきました。⇒糖質制限ラーメンにうってつけの豆腐麺を買ってきたあのお店に

豆腐なら何でもいいのではなくて木綿豆腐がいい

豆腐とオリーブオイルが糖質制限食の実践に便利だと書いた記事、少し細かい補足しておきます。豆腐、と一口に言ってもいくつかの種類がありますよね。古典的な木綿豆腐、に絹ごし豆腐、焼き豆腐、最近のものでは充填

横浜中華街で買った干豆腐を美味しくいただいております♪

先日、横浜中華街の善隣門のそばの中華食材屋さんで豆腐干糸を買ってきて食べた記事を書きました。そのときに、切ってない、板状の干豆腐も買ってきたの覚えていらっしゃるでしょうか?あれを一体どうやって食べるの

糖質制限ラーメンの麺にうってつけの豆腐干糸を買ってきたのだ♪

ラーメンをこっそり食べたりしているという、前回の記事から引っ張ってゴメンナサイ、お待たせしました、低糖質ラーメンのお話です。ラーメン大好きカルピンチョさんなので、低糖質ダイエットを開始してからの一番の

低糖質ダイエットのために避けるべき食材のリスト

低糖質ダイエットのために、何は食べてはいけないのか、あるいは食べない方がいいのか、リストアップしてみます。1.お米とお米を使った食品白米だろうが玄米だろうが古代米だろうがどんな米でも糖質豊富です。ご飯

食物中の炭水化物量を「糖質」と「糖質以外」とに区別する方法

炭水化物と一口で言っても、でんぷんや砂糖などのように分解されて単糖類になる、あるいはそのまま吸収されて栄養として利用され得るものを「糖質」と言います。これに対して、同じ炭水化物でありながら「食物繊維」

牧草で育てた牛の肉と穀物で育てた牛の肉の違いをご存知ですか?

日本を初めて訪れた外国人が驚いていたことの一つに「牛肉がめちゃくちゃうまい」ということがあります。 20年前ぐらいまではよく耳にした話です。 今では日本の牛肉の旨さの秘密が海外にも知れ渡っているので

野菜に含まれている糖質は気にしなくていいのか?

低糖質ダイエットを実践するにあたって私が心がけたのは主食抜きです。ご飯、麺、パン、うどん、そば、お好み焼き、ジャガイモ料理穀物を使ったものとイモを使ったものを避けました。(こんにゃくは別です、あれは糖


Page: 1


プロフィール

carpincho3

50代の男性医師です。低糖質ダイエットを実践してその効果に驚き、このサイトを作りました。

連絡先はこちら↓
carpincho3blanco3@gmail.com 
(全角の@を半角の@に変えてください。)

私のブログをまったく読まずに一方的に質問を投げかけるのはおやめください。 いただく質問の答えは、ブログ内の記事、あるいはコメントでのやり取りに記載されている場合が多いと思います。 量が多くて読むの大変だから、ということであれば、知恵袋などの質問サイトをご利用なさってはいかがでしょうか。 また、コメントへの返信やメールへの返信は「無償の善意の第三者」としてやり取りさせていただいているつもりです。 自分の家臣に問いただす殿様みたいな非常識な投げかけは、ときに無視しますので、あしからずです。 コメントやメールには医学的に間違いないようにお答えしたいと思いますし、急に忙しくなって対応できないこともありますので時間がかかる場合があります、ご了承ください。


サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

記事総数: 319
コメント総数: 3732
スポンサードリンク
糖質制限関連おすすめ書籍
ウェブページ
リンク
読者の皆様へ

糖質制限がうまくいかない人は明らかに一定数存在しますし、その方々の存在を否定するつもりなど毛頭ありません。
人はそれぞれ遺伝子が違い、環境が違い、そのアプローチに挑むときの年齢や健康状態も違うのですから、同じことをしても同じ反応が出ないのは当然のことだと思います。 私も、そのことについては頻繁に言及しています。

しかし一方で、記事一つ一つは、異なる人へ向けての異なるメッセージです。
すなわち、個別記事というものは、どういう人々に何を伝えるか、ターゲットを明快にして書くものだと私は考えています。
そういうところでいちいち、しかし、例外はあります、とか言って全ての人に配慮した注釈を付けると、読む側もメッセージがなんなのかわからなくなります。

したがって、読まれた方の立場次第では、その記事では自分の存在を無視されているように感じる、配慮が足りないと感じられる記載内容があり得ます。
その場合、その記事はほかの人に向けられた記事であると、スルーしていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。

ぽっちゃりも糖質も菊芋におまかせ ↑宣伝ヽ(´▽`)/
スポンサードリンク