Top >> 2012年5月

2012年5月の記事一覧

糖質制限ダイエットの停滞期はいつごろなのか?

糖質制限ダイエット(低糖質ダイエット)でどんな感じに痩せていくのか?いつ頃が最も痩せるのか? 停滞期はないのか?リバウンドはないのか?それらのことに関しては情報があります、私個人のものもありますが、も

低糖質ダイエットの欠点 人付き合いでちょっと困る

低糖質ダイエットの欠点、実はいろいろあるのですが、実践しはじめて困ったのは人づきあいですね。いっしょに飲食する際に、身近な人たちにでさえ、納得してもらうまでに時間がかかるということです。飲み会を想像し

アルコールを飲んでもよいダイエット方法

低糖質ダイエットが中年おやじにおすすめなのは脂滴る肉を食ってもいいし、蒸留酒であれば酒をがっつり飲んでもよいというところです。前の記事でも書いたように私は毎晩寝酒を飲んでいます。アルコール摂取はこれま

糖質制限ダイエットでは食べる時間は大事ですか?

糖質制限ダイエット(低糖質ダイエット)は中年男性にとっては夢のダイエットのように言われます。いや、実際、私自身も驚きましたし、私の周囲の人も実践した人は綺麗に痩せていきました、そして下がった体重を維持

肉食だと太るけど、ご飯中心なら太らない そう聞いたんですけど?

肉食だと太るけど、ご飯中心の和食なら大丈夫。今でもかたくなに、そう信じている人がいますけど、完全に間違ってます。肉食で太るのは、食べ方が悪いんです。糖質制限しながら食べればかなりたくさん食べても大丈夫

焼肉は血糖値をあげて、お寿司は血糖値を上げない? 糖尿病学会で発表

2012年5月17日から横浜で第55回日本糖尿病学会(JDS2012)が開催されました。この会議ではついに、「糖質制限食も糖尿病の治療食として有効な選択肢の一つである」と認定されました。山田先生の主張

必須糖質なんてないんですから

荒木式糖尿病改善法ではまず最初に糖と糖尿病についての講義があります。非常にわかりやすい説明がなされています。(ときどき、それは言い過ぎだろうというものもありますが(笑))その中で特に面白いなと思った

荒木式糖尿病治療法を購入してみた

私は2011年6月から自己流で低糖質ダイエットをやって、5か月で14kgほど痩せました。痩せた後で、2011年の11月に江部先生の本に出会い、 ソフトバンク新書 164腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹

低糖質ダイエットをやってみてほしいと強く願う

私は最初、聞きかじった知識で独学で低糖質ダイエットをやってみました。それでも劇的に痩せることができて、様々な検査データも改善しましたし、実際に非常に健康になりました。(髪の毛も薄くなっていたのが再び太

人工甘味料の不思議な作用 インスリン分泌を促す

「猫じゃ猫じゃ」という江戸時代にはやっていたという演芸場パフォーマンスをご存知でしょうか?平べったい底の深いステージの中に猫がいます。そこに、三味線を持ったおばさんたちが現れて、演奏しながらいろいろ歌

ダイエットコーラがメタボを増産しているというお話

先日参加したとある会合で、沖縄の琉球大学の益崎先生のセミナーを聴く機会がありました。京都大学の代謝内科グループ出身の益崎先生は現在、琉球大学でメタボリックシンドロームの治療と研究に様々な取り組みをされ

沖縄返還40周年おめでとう。でも、メタボは何とかしないと・・・

今日は5月15日、何かの記念日だったなと思ったら、40年前の1972年の5月15日とは、沖縄がアメリカの統治から離脱して日本に返還された日ですね。このころまでは尖閣諸島というのは米軍の空爆の練習用の島

糖質をとらないとインスリン分泌能が低くなる?

低糖質ダイエットに反対して、糖質を減らすと危険だと叫んでいる先生の根拠に、「糖質をたくさん取らないとインスリン分泌能が衰える」というものがあります。糖尿病はインスリン分泌能が落ちている、それは糖質を食

低糖質食と究極の糖質オフ食とではどちらがよい?

私は2011年の6月から主食抜きの低糖質ダイエットを始めました。節電でエレベーターが使えなくなり、しかもエアコンの設定温度が28~29℃にされたからです。この暑さを乗り切るには痩せるしかないという非常

低糖質ダイエットを長く続けると危険ではないのか?

低糖質ダイエットで簡単に痩せることができるということはずいぶんと認識されてきました。でも、低糖質ダイエットのような、特定の栄養素を抜き続けるダイエットは危険ではないのかという疑問は常に言われます。それ

血糖値を下げる食べ物とは

質問サイトのYahoo!知恵袋を見ていたら、「血糖値を下げる食べ物を教えてください。」という質問がありました。人間の体の中に在って血糖値を下げる作用を持つ物質はインスリンです、そういうホルモンのような

低糖質ダイエット用の食材のネット通販会社のおすすめと自分での選び方

低糖質ダイエットを実践するに当たり、どんなものを食べればいいのかわからないので手っ取り早く低糖質食品を買いたい。そういう人に「低糖質食品のおすすめ通販サイト」を尋ねられることがあります。そこで、低糖質

αグルコシダーゼ阻害薬の副作用を回避するには?

前の記事で糖尿病の治療薬であり、かつ、境界型糖尿病の進行防止薬でもあるαグルコシダーゼ阻害薬(認められているのはその作用が最も強力なベイスン)のことについて触れました。この薬、糖尿病の治療薬でしょ?と

糖尿病の治療薬を見れば低糖質食が優れた糖尿病食とわかります。

2009年から日本でも認められた境界型糖尿病の進行予防薬に、実は糖質の吸収を抑制する薬剤があります。(ずっと以前から糖尿病治療薬としては使われていたものです。)αグルコシダーゼ阻害剤というものです。低

低糖質食(糖質制限)であればカロリー制限は必要ない?

低糖質食にすれば食後高血糖がない、ということはインスリンも出ないし高濃度のインスリンの作用による脂肪新生もない、だからいくら食べても大丈夫、などの話があります。これは正しいのでしょうか間違いでしょうか


Page: 1 < 2


プロフィール

carpincho3

50代の男性医師です。低糖質ダイエットを実践してその効果に驚き、このサイトを作りました。

連絡先はこちら↓
carpincho3blanco3@gmail.com 
(全角の@を半角の@に変えてください。)

私のブログをまったく読まずに一方的に質問を投げかけるのはおやめください。 いただく質問の答えは、ブログ内の記事、あるいはコメントでのやり取りに記載されている場合が多いと思います。 量が多くて読むの大変だから、ということであれば、知恵袋などの質問サイトをご利用なさってはいかがでしょうか。 また、コメントへの返信やメールへの返信は「無償の善意の第三者」としてやり取りさせていただいているつもりです。 自分の家臣に問いただす殿様みたいな非常識な投げかけは、ときに無視しますので、あしからずです。 コメントやメールには医学的に間違いないようにお答えしたいと思いますし、急に忙しくなって対応できないこともありますので時間がかかる場合があります、ご了承ください。


サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

記事総数: 330
コメント総数: 3871
スポンサードリンク
糖質制限関連おすすめ書籍
ウェブページ
リンク
読者の皆様へ

糖質制限がうまくいかない人は明らかに一定数存在しますし、その方々の存在を否定するつもりなど毛頭ありません。
人はそれぞれ遺伝子が違い、環境が違い、そのアプローチに挑むときの年齢や健康状態も違うのですから、同じことをしても同じ反応が出ないのは当然のことだと思います。 私も、そのことについては頻繁に言及しています。

しかし一方で、記事一つ一つは、異なる人へ向けての異なるメッセージです。
すなわち、個別記事というものは、どういう人々に何を伝えるか、ターゲットを明快にして書くものだと私は考えています。
そういうところでいちいち、しかし、例外はあります、とか言って全ての人に配慮した注釈を付けると、読む側もメッセージがなんなのかわからなくなります。

したがって、読まれた方の立場次第では、その記事では自分の存在を無視されているように感じる、配慮が足りないと感じられる記載内容があり得ます。
その場合、その記事はほかの人に向けられた記事であると、スルーしていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。

ぽっちゃりも糖質も菊芋におまかせ ↑宣伝ヽ(´▽`)/
スポンサードリンク