Top >> 世界人類総糖尿病化計画

世界人類総糖尿病化計画の記事一覧

糖質は大事な栄養素だからこそ、食べる必要はないのです。

我々の体は様々な物質を栄養成分として利用しています。 それらで体を作ったり、細胞を機能させるエネルギーを得たりします。 だから、絶食したら、やがて、生命活動は停止します。 (・・・ふつうはね。そうでな

砂糖業界の陰謀 もささんからの手紙

砂糖税について、先日記事にしました。 いろいろな意見があるとは思いますが、砂糖を一定量以上定期的に食べ続けることが40%程度の人の健康に害悪をなすことは明らかです。 WHOが総カロリー摂取量の5%以

糖質を食べることが人生の目的である人には糖質制限お勧めしません

2型糖尿病で糖質制限を否定される方の中には、「食後高血糖を誘発するのが糖質摂取であり、それが糖尿病の症状を徐々に進めていく」そのことを承知の上で、あえて、糖質を食べてカロリー制限して、下がり切れない血

糖尿病療養指導士として働いている管理栄養士さんからのコメント

「糖尿病療養指導士として働いている管理栄養士さん」からコメントが来ました。いろいろと間違った知識が多く、ロジックもおかしい。おかしい部分をすべて指摘して論破する記事にしました。かなりおちょくりも入れま

学会の公式見解に関して(前のタイトル変更)

「〇〇に〇〇〇薬は〇〇」 いきなり伏字で失礼しました。・・・3月18日の某学会の公式見解を読んで私の頭の中を踊っていたのはこの文章でございました。。。そしてなぜかその言葉を色っぽく告げる壇蜜

久山町のトリアスにはかわいいカルピンチョたちがいます♪

私がドク・カルピンチョと名乗っているのはひとえにこの動物が好きだからなのです。画像はスペインのWikipediaから、ハーネスつけてお散歩準備。かわいいですよねえ、カピバラ。そのスペイン語バージョンが

世界で最も長寿の国のひとつである日本の寿命を延ばしたのは肉食です。

日本は世界一の長寿国のひとつです。長寿を支えている要因の一つは高度に発達した医療と、それを国民皆保険で低価格で受けることのできる社会制度です。これは日本に住んでいると実感がわかないと思いますが、海外に

コカ・コーラの宣伝コピーを思い出してみると面白い

現在50代の私が子供だったころ、ペットボトルなんてありませんでした。コカコーラのボトルと言えば、190ml入りのガラス瓶、その当時のコルベット・スティングレイのようなウエストをギュッと絞ったあのスタイ

白米や小麦粉ではない、悪いのは現代のライフスタイルなのだ。

日本糖尿病学会の推奨する「糖質60%で低脂質で低カロリー」の糖尿病食、これが糖尿病の人にとってどれほど危険な食事内容であるかにつて何度か書いてきました。⇒ 禁忌である75gOGTTを毎食摂取するように

低糖質食と高糖質食の食後の血糖値の変化

食後血糖上昇は、インスリンの分泌が悪い、もしくはインスリンの効きが悪い糖尿病患者にとって重大な問題です。小麦粉や白米、砂糖などの精製された糖質を摂取することによる急激な糖質吸収はそういう人たちの血糖値

アメリカの肥満率を押し上げたNIHの国家的プログラムNCEP

1984年1月にLipid Research Clinics Coronary Primary Prevention Trialという大規模な臨床調査の結果報告がなされました。長期間の追跡調査で、血清

アメリカの肥満率上昇は1985年から始まっている

日本人の肥満率が上昇している理由の一つとして「食の欧米化」ということがよく言われます。日本人が伝統的な和食を食べていた頃には肥満も糖尿病などの生活習慣病も少なかったのに、食の欧米化が進んでいるから日本

ジョスリン糖尿病学では40%以下の糖質摂取を推奨しています。

糖質60%が標準食であるとする日本の栄養学の根拠について考察した前の記事に対して精神科医師Aさんからコメントいただきました。 そして、ジョスリン糖尿病学に記載されている「2型糖尿病患者、もしくは耐糖

糖質60%の食事がバランスの良い正しい食事だといつ誰が決めたのか?

「糖質制限 vs 高糖質カロリー制限」のすごく根本的なところに踏み込んでみます。日本糖尿病学会の先生方の推奨する「糖質摂取量60%前後、低脂肪にしてカロリー制限する食事が正しい糖尿病食である」という根

久山町でなぜ糖尿病が増えているのか?

「久山町研究」というのは日本が世界に誇る疫学研究のことです。福岡県の福岡市東部に接する人口8000人程度の小さな町、久山町の住民の健康状態について、九州大学の第二内科が中心となって1961年以来、ほぼ

糖質制限が普及すると困る人について調べていたらすごいことになってきました

ここのところ、記事を書くスピードががっくりと止まってしまいました。それは仕事の合間に、いろいろと調べものをしていたからです。きっかけは、東京大学病院病院長の門脇孝先生の糖質制限たたきです。BMJの論文


Page: 1


プロフィール

carpincho3

50代の男性医師です。低糖質ダイエットを実践してその効果に驚き、このサイトを作りました。

連絡先はこちら↓
carpincho3blanco3@gmail.com 
(全角の@を半角の@に変えてください。)

私のブログをまったく読まずに一方的に質問を投げかけるのはおやめください。 いただく質問の答えは、ブログ内の記事、あるいはコメントでのやり取りに記載されている場合が多いと思います。 量が多くて読むの大変だから、ということであれば、知恵袋などの質問サイトをご利用なさってはいかがでしょうか。 また、コメントへの返信やメールへの返信は「無償の善意の第三者」としてやり取りさせていただいているつもりです。 自分の家臣に問いただす殿様みたいな非常識な投げかけは、ときに無視しますので、あしからずです。 コメントやメールには医学的に間違いないようにお答えしたいと思いますし、急に忙しくなって対応できないこともありますので時間がかかる場合があります、ご了承ください。


サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

記事総数: 314
コメント総数: 3650
スポンサードリンク
糖質制限関連おすすめ書籍
ウェブページ
リンク
読者の皆様へ

糖質制限がうまくいかない人は明らかに一定数存在しますし、その方々の存在を否定するつもりなど毛頭ありません。
人はそれぞれ遺伝子が違い、環境が違い、そのアプローチに挑むときの年齢や健康状態も違うのですから、同じことをしても同じ反応が出ないのは当然のことだと思います。 私も、そのことについては頻繁に言及しています。

しかし一方で、記事一つ一つは、異なる人へ向けての異なるメッセージです。
すなわち、個別記事というものは、どういう人々に何を伝えるか、ターゲットを明快にして書くものだと私は考えています。
そういうところでいちいち、しかし、例外はあります、とか言って全ての人に配慮した注釈を付けると、読む側もメッセージがなんなのかわからなくなります。

したがって、読まれた方の立場次第では、その記事では自分の存在を無視されているように感じる、配慮が足りないと感じられる記載内容があり得ます。
その場合、その記事はほかの人に向けられた記事であると、スルーしていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。

ぽっちゃりも糖質も菊芋におまかせ ↑宣伝ヽ(´▽`)/
スポンサードリンク