Top >> 糖質制限と病気 >>  レッド・ミート(赤い肉)で心血管系疾患が増える理由

レッド・ミート(赤い肉)で心血管系疾患が増える理由


糖質制限の食事内容として牛肉と羊肉、そして豚肉などの赤い肉が増えすぎるのはよくなのではないか?

そう言う議論を以前にここでもしてみましたね。

⇒ レッドミートは食べすぎない方がいい?



確かに、統計で見ると赤い肉を食べる人では心血管系のイベントが多く発生している、ただ、理屈がわからない。

何かわからんけど心配な人だけ地中海式で食べる鶏肉や魚介類、野菜タンパク中心の食生活の方がいいんじゃないの?

そんな結論にしちゃいましたけど(笑)。



その理屈を説明してくれそうな研究報告が出ました。

Nature Medicineの2013年4月7日号に出ています。

その記事を紹介する編集スタッフ作成のニュースがこちらです。


Red meat + wrong bacteria = bad news for hearts

Microbes turn nutrient in beef into an artery-clogging menace.

    Chris Woolston

07 April 2013

Lean steak is low in fat and cholesterol and high in protein ? qualities normally considered healthy. But eating a lot of it can still cause heart disease. Researchers have now laid the blame on bacteria in the human gut that convert a common nutrient found in beef into a compound that may speed up the build-up of plaques in the arteries.

http://www.nature.com/news/red-meat-wrong-bacteria-bad-news-for-hearts-1.12746


レッド・ミートの中に多く含まれるL-カルニチンを摂取させたときに、何かがそれをTMAOという、動脈硬化を勧める原因となる物質に作り変えている可能性がある。

L-カルニチンやTMAOの血中濃度と心血管系イベントの発生頻度の間にも相関がみられる、ということです。


そしてその傾向は、ベジタリアンなどの野菜中心の人達に比べて、肉をがんがん食べている人で強く出ている。

抗生剤を飲ませるとそれが消えること、それら二つの人達では腸管細菌叢が全く違うことから、腸管の中のバクテリアの比率がTMAO産生に大きく関わっていると考えられるというわけです。

どの菌がいけないかは同定されないまでも、肉食中心の人ではTMAOを作りやすいバクテリアが腸の中にたくさんいるのだと。



今回の研究結果から、どうしてレッド・ミートを食べすぎることが身体によくないかに、一つの可能性が提示されました。

こういうの示されると、糖質制限だからと焼き肉三昧を続けることは、ちょっと、考えちゃいますね。

あくまでも可能性であり、「レッド・ミートは食べるな危険!」というレベルのエビデンスではないのですけれども。


元論文はこちら

Intestinal microbiota metabolism of l-carnitine, a nutrient in red meat, promotes atherosclerosis

Robert A Koeth, et al.    
Nature Medicine (2013) doi:10.1038/nm.3145

Received 07 December 2012, Accepted 27 February 2013, Published online 07 April 2013

Intestinal microbiota metabolism of choline and phosphatidylcholine produces trimethylamine (TMA), which is further metabolized to a proatherogenic species, trimethylamine-N-oxide (TMAO). We demonstrate here that metabolism by intestinal microbiota of dietary l-carnitine, a trimethylamine abundant in red meat, also produces TMAO and accelerates atherosclerosis in mice. Omnivorous human subjects produced more TMAO than did vegans or vegetarians following ingestion of l-carnitine through a microbiota-dependent mechanism.
以下略

http://www.nature.com/nm/journal/vaop/ncurrent/full/nm.3145.html




家畜の肉を毎日食べるということと、穀物を毎日食べるということ。

実はどちらも人間本来の生活からするとごく最近に起こった不自然な食生活習慣なんですよね。

家畜が「食肉家畜として飼育できるようになった」のは、人間が「農耕生活を営んで安定した食料生産体制が整って」からのことです。


もちろん、放牧しながら牧草を求めて移動を繰り返す人々は農耕文明開始以前からいたと思われます。

マーサイ族(マサイ族)の伝統的なライフスタイルなど、それが受け継がれていますね。


基本的に、彼らは放牧している家畜の肉を毎日食べることはしませんでした。

放牧している牛の乳と血液を主食としていたのです。

(客人が来た時にだけ、もてなしとして家畜を殺して肉をふるまいますが、めったにそれはしません。)



人間が、家畜をその肉を食べる目的で育て始めたのは、

「穀物による農耕文明が発達して糖質エネルギーという確実に食べることのできる安定した生産物の恩恵にあずかれるようになってから」

のことです。


その意味では、レッド・ミートを毎日食べるというのは、米や小麦を毎日食べるというのと同じぐらいに、人間にとっては新しい食習慣であった可能性があります。

だから腸内細菌がそれに対応しきれていない可能性はありますよね。

(元論文で実験に使われているのは「本来、穀物を主食としている」マウスですから、そのまま信じるには今一つですが、代替手段は難しいです。
 おそらく肉食のヒヒあたりで実験するしかないと思います(^_^;)。)



「肉を食べると血が汚れる、だから動脈硬化になるんです!」

そういって玄米と野菜と少しの白身魚しか食べないような人達っていますよね。

あの方たちの言ってること、意味のある部分もあったのですね。

⇒ これに関してはまた別の記事でもっと面白い論文(2008年)について触れます 準備中



とはいうものの、「穀物というでんぷん質を毎日食べる」ということに比べたらまだ、「家畜の肉を毎日食べる」ことの方が我々本来の食生活には近かった。

牛や羊のような大型で足の速い草食獣の肉ではないにしろ、ネズミ、リス、鳥、イノシシ、そして昆虫や魚介類などの動物性タンパク質が旧石器時代の人類の主食だったはずですから。

⇒ 親指はなぜ太いのか? 準備中(準備中ばっかですみません)



レッド・ミートを毎日爆食している人はそれ以外のタンパク質を中心に食事を送っている人よりは心筋梗塞などになりやすい。

それでも、糖質60%の伝統的和食を食べて2型糖尿病を発症してしまうような人よりもはるかに健康。

というのが真実のように、私には思えます。



私の結論、

中年以降の現代人が食べるべきは糖質制限食です。

ただし、タンパク質や脂質はレッド・ミート中心ではなくて、鶏肉、魚介類、乳製品、植物(大豆やオリーブなど)から摂るようにするのがさらにベスト。

一言で言えば、

「糖質制限地中海食」

というのが一番安全で健康的なのだろうなと思います。




糖質制限ダイエット ブログランキングへ



この記事の大きな流れの中では触れませんでしたけれども、腸管で悪いものに変貌する物質に目を疑った人たちもいるんじゃないでしょうか。

L-カルニチン。

L-カルニチンが実は体に悪いなんて話、そのサプリメントを飲んでいる人たちはけっこうひきつる話じゃないかと思います。

一時期、ジンギスカン料理が流行った時にも、「羊肉にはL-カルニチンが多く含まれているからミトコンドリアが活性化されて脂肪が燃えやすいのだ!」という理屈で流行った部分もありましたからね。

その物質が実は摂りすぎると動脈硬化を引き起こしやすい可能性があるだなんて。


もちろん、今のところ、L-カルニチンのサプリメントをがんがん飲んでいる人が心筋梗塞を起こしやすいというエビデンスはありません。

逆に動脈硬化などを改善するという話もあるようですが、インパクトはあまり高くない。

少なくとも、肉を普通に食べている人が、さらに積極的に飲むべきだという理由は特に見つかりませんね。



スポンサードリンク
2013年4月11日 09:36

スポンサードリンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://xn--oqqx32i2ck.com/mtos/mt-tb.cgi/270

コメント(24)

カルピンチョ先生

私もこの記事、日本語版(短く簡略化されておりましたが)で読みました。
要はベジタリアンに対しての警鐘かな?程度の解釈をしておりました。
原文をサラリとお読みになれる先生には敬服いたします。

たかがL-カルニチン・されどL-カルニチン・・・
糖質セイゲニアンにとっては重要な意味がある、といままで認識しておりました。
私のようなほぼ高齢者は、自前のカルニチン産生能が低下していますので、レッドミートからの摂取が必要かと・・
まして糖質制限によって脂肪の代謝が亢進されているはずで、長鎖脂肪酸のミトコンドリアへの取り込みに必須の物質です。
それと、ヒストンの脱アセチル化を阻害しているのもカルニチンだとか・・・

糖質摂りながら、このサプリメントを使用しても全く意味がないのでは・・・
私、フレンチでは必ず羊ですねぇ。山羊の方がいいのですが、どこの店舗でも見たことがないです。 
長寿時代の沖縄ではよく食べられていたそうですが(過去形-笑-)。


主治医を替えることにしました。
ガチンコ糖尿病学会派の専門医で、先日血液採取で伺ったついでに、メトホルミンの処方をお願いしたのですが、
「血糖値関係は正常値であり、極端な食習慣をしており、まして重大な副作用(乳酸アシドーシス-国内ではほとんど見られていないというのに-)があるので出さない!!」と叱られてしまいました(笑)。

 タイムリーなお話ありがとうございます。
 納得のいくものであればきちんと軌道修正してくださる、なんて優良ブログなんでしょう。出版社の方も見る目がない、、、、。

面白い記事がありました。
http://www.scienceplus2ch.com/archives/4431349.html#more
既に一万年以上前から火を使った調理で魚を食べていたようですね。一方で大型哺乳類は仕留めるのに苦労すると現代のハンターを描いた漫画「山賊ダイアリー」(目茶苦茶面白いです)にもあります。余談ですがヒグマになると火縄銃ではどうにもならず村田式ライフルが普及するまではトリカブト毒を塗った弓矢に頼っていたとか。
羊肉は客人に振舞うのと言うのはモンゴルでもそうらしいですね、美という字に羊が含まれるのはそのためだとも言います。

ただ日本人の場合どう考えても肉食不足の懸念が先に来るべきでしょうね。早くTPPで安い乳製品が来て欲しいものです。オージーやチリワインもw

カルピンチョ先生。お久しぶりです。

江部先生のところほかでは、このような議論にはならないようですが
ここへ来ると、ちょっと考えますね(笑)。
わたしは、牛肉はそんなにないのですが、豚肉には偏りがちなので
鶏肉の比率と魚の比率を高めようかと思いました。

えっと・・
一週間前に 遅まきながら自己血糖測定器を手に入れまして
今、やたらと、食事の前後で測りまくっています。
それでだいたい、自分のレンジがつかめて
食前 70~90mg/dL
今やってるスーパー糖質制限食では
食後1時間がだいたいピークで 110~130mg/dL
ときに2時間にピークが行くことが希にありますが
食後2時間では 80~100 mg/dL に落ち着きます。

で、昨日の昼、意識的に 糖質制限後はじめて
とんこつラーメン1杯、餃子3個
(おおよそ 糖質 85gか?)
食べて測定してみました。
驚きの変化でした。

食前    81
30分    177
1時間   224
1時30分  228
2時間   230
2時間30分 182
3時間   177
3時間30分 189
4時間   169
4時間30分 144
5時間   124
5時間30分 103
6時間    80

この様子はfacebookで公開してます(山口透)。

それでやっと血糖値下がったの確認して
家族と今度は居酒屋へ(笑)
ほとんどこの6時間後に次のもの食べました。

芋焼酎水割り一杯
アボガドとエビのサラダ
チーズしそベーコン巻き串1本
砂ずり串2本
豚バラ串2本
ねぎま串2本

それで 

その食事中 78
食後30分  84
1時間    90
1時間30分  97

ここで約4km(50分)のウォーキング開始

2時間    67 (ウォーキング途中)

ウォーキング終了

2時間30分  86
3時間   101

そして 今朝おきて 92

これで考察するんですが
ラーメン餃子で 最高230mg/dLまで上昇したのはまあ
予想にたがわなかったのですが(ちょっとショックは隠せませんが(笑))
それより驚いたのは 6時間でやっと下降したあと
すぐにまた、今度は糖質制限の教科書的なメニューではあるのですが
それガッツリ食べたのに・・・
食後の血糖値がとても抑えられているということです。

これは、いつもの日常、糖質制限で分泌が抑えられているインスリンが
お昼のラーメン餃子で、遅れてどっと追加分泌されて
その後6時間過ぎて、機能性低血糖になっているのを
夕食の10~15g程度の糖質で少し上げて
このくらいの値になっているのでしょうか?

ウォーキング途中の 67 というのが・・・
測定誤差もあるとは思いますが・・・よくわかりません。
これが、機能性低血糖の底ということですか?

そのあとまた上昇して 86、3時間後に101に上昇しているのがまた・・・?

これで論文は書けませんが、
話題の一つにはなればいいと思って書きました笑)

今度は ビアガーデンの季節になったら
立場上避けられない会がくるので
その時は生ビール含む大量飲酒で
実践報告できるかもしれません(笑)。

それと、診療室でこれまだ秘密ですが
ちょっとデータ貯めていってます。
長々と失礼しました。

続けてで申し訳ありませんが・・・
またいつもの糖質制限な日々を続けといて
こんなことを、また半年後したら
どうなっているか?
耐糖能が推し量れませんかね?

同じような血糖値の推移なのか?
はたまた もっと悲惨なことになるのか?
逆に 血糖値の上昇幅が小さくなるのか?

ほぼ毎日、夕食後に50分程度のウォーキングをやってますから

すぐはじめるか?
1時間後はじめるか?(今はこのパターンです)
2時間後にはじめるか?
3時間後にはじめるか?
4時間後にはじめるか?

くらいに分けてやってみましょうか?

しかし、わたしの場合、夕食が20時ですから
カルピンチョ先生が至適時間と考えられているところが
23時か24時に来るのがつらいところです笑)^^;

いやいや、頑張ってみますよ。

tosan.s376.xrea.com/x/korobbs.cgi?mode.thread=1&res_num=0109

ここに書いていってます。
これは今日の分(今書いてる途中)
今夜は食直後~食後1時間の間にウォーキングしました。
食直後と食後1時間値がほとんど変わりませんでした。

明日は 1時間後から
明後日は 2時間後から

とやっていって何度か繰り返しますね。

カルピンチョ先生、こんにちわ。63歳の糖尿人です。いつも誠実かつユーモア溢れるご発言に勇気をいただいています。もっと更新回数を増やしてはいただけまいかと、また、ぜひ、Kindle版で宜しいので、まとまったご著書を執筆いただけないかと、勝手な願いを持っております。今回初めてコメントというか、質問を差し上げます。お忙しいところを恐縮ですが、宜しくお願いします。

今年の2月に急性心筋梗塞で某大学病院に入院し、手術と診察の結果、立派な糖尿病とのご託宣を受け、しばらくはインシュリンと大量の飲み薬、そしていわゆるカロリー制限食で過ごしてまいりました。しかし一向に改善されず、色々と調べた結果、糖質制限食に巡り会い、3月中旬から思いきって実施、今に至っております。

おかげさまで体重は5キロ減じ、BMIは26が23に、血糖値もHbA1cで12.6→9.2→6.0と改善され、他の検査数値も問題のないレベルになりました。しかしただひとつだけ、中性脂肪が気になるのです。以前は130ぐらいだったのですが、先回の検査結果では300ぐらいになっていました。医者は、それみたことか、脂質の多いものを摂りすぎているからだとし、早く炭水化物をたくさんとって、肉やオリーブオイルやチーズを減らし、バランス良いカロリー制限をしなさいと、やや恫喝的に申します。

特に大食いというわけでもなく、どちらかといえば肉よりも魚、総摂取カロリーも一日当たり1800ぐらいに収まるのですが、やはりタンパク質と脂質の比率は多いです。というか、糖質制限の場合はこれが正解と思っておりました。そこへ今回の中性脂肪の値です。検査時の中性脂肪の値は前日の食事が脂こいものだとモロに反映するので当てにならないという方もおられるのですが、そうなのか? 「血液ドロドロ」のまま、高脂肪の糖質制限を続けて行って良いものか、いささか逡巡しております。カルピンチョ先生は、脂質制限(?)のようなものをなさっておりますか? なにかご指導をいただければ幸いです。


カルピンチョ先生

ご丁寧な返信をありがとうございます。こちらからもすぐに返事を差し上げねばと思いながら、なんでもかでも先生に訊くのは失礼かと思い、私でも解ることは自分でまず調べてから、また先生にお伺いしようと、ただ今勉強中です。特にコレステロールについてなにか勘違いをしていたようです。というわけで、返信はもうしばらくお待ち下さい。

ひとつ、おそらく先生はすでにご存知かと思いますが、情報を。お目汚しならばごめんなさい。

例のレッド・ミート(赤肉)問題ですが、ご承知のようにハーバードの2013年論文は内外で注目され、色々なニュースサイトでも取り上げられております。このLiveScience のも同類なのですが、この記事で面白いなと思ったのは、このニュースサイトのコラムニストが論文の著者らに直接インタビューをし、低脂質高炭水化物ダイエットなどについての著者らのコメントを掲載していることです。

http://www.livescience.com/18996-red-meat-premature-death.html


"This paper does not give a green light to a low-fat, high-carb diet," senior author Frank Hu of Harvard School of Public Health (HSPH) told LiveScience. "Instead, it underscores the importance of types or quality of protein."

続く Low-carb vs. low-fat? では

Missing entirely from the new Harvard study is the word "carbohydrate." The study merely looked at different forms of protein sources and found beef and pork to be unhealthier compared with other sources. Both Hu and co-author HSPH colleague Walter Willett have said that added sugar in drinks and in snack foods as well as the simple carbohydrates found in potatoes, white flour and processed foods are the primary causes of obesity and diabetes.

Also, their previous studies have found that a moderately low-carbohydrate diet that includes healthy sources of fat and protein — such as olive oil, nuts, poultry, fish, whole grains and legumes — can better lower the risk of premature death from cardiovascular disease than low-fat, high-carb diets.

Therefore, if you go (or stay) in the low-carb direction, Hu advises that you choose your fats and proteins carefully. "All low-carb diets are not created equal," nor are high-carb diets, he said.


先生の言う「糖質制限地中海食」に近いのかなと。

では、またいずれ。

祝杯だァー
糖質制限食を始めて7ヶ月 
市の健康診断で何も言わずに受診した結果が出ました
先生曰く メタボも無く 血液検査の結果は全て良好です
それに糖尿病の心配はありません(A1C=5.8 随時血糖=113)

因みに あえて同じ日に糖尿病の主治医の検査を受けました
その結果は A1C=6.2 これッて如何いう事??
ともかく 祝杯だァー 焼酎ハイボール飲むぞぉー
厚揚げ食うぞオー
糖質制限バンザーイ
たまには二日酔いになって見たい。
土屋

先生有難う御座います
糖質制限で肝機能が非常に良くなってしまい
飲んでも、飲んでも、酔わないし、二日酔いにも成らず
嬉しい悲鳴です。これからの目標は 糖質制限食を
近所に言いふらしながら散歩する事です。
土屋

カルピンチョ先生

先生の記事の後に判明したことですが、赤肉のL-カルニチンは腸内細菌のエンテロタイプによって危険度が大きく異なり、バクテロイデスが優勢なタイプ1の場合はTMAOが作られにくいそうです。

うれしいことにエンテロタイプは低糖質、高脂肪、高蛋白の食事を続けているとタイプ1に変化するそうです。長く糖質制限を続けている人は赤肉やL-カルニチンや(ホスファチジル)コリンを多く摂っても安全らしいです。

その他に、エクストラバージン・オリーブオイル、赤ワイン、バルサミコ酢に含まれるDMB(3,3-ジメチル-1-ブタノール)にTMAOの産生を抑える働きがあるそうです。赤肉やL-カルニチンやコリンのサプリを摂取するさいには、これらの食品も一緒に摂ると良さそうです。そういえば日野原重明先生も大豆レシチン(コリン)を飲んでいるそうですが、オリーブオイルも一緒に摂取されていたと思います。


コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

糖質制限と病気

関連エントリー

すべての人に共通する健康な食事法というのは存在しない
糖質制限はやはり危険なんでしょうというご意見
糖質60%摂取が辛い(体に悪い)人も100人中5~6人いるかもしれない
先天的に糖質制限がつらい人は100人に1~2人いるかもしれない
糖質制限後にコレステロールさらに上昇、血圧も前から高めだったら?
糖質制限を始めたら猛烈な勢いでコレステロール値が上昇した!
マジョリティとマイノリティと基準値と
癌と糖質制限について
糖質制限しているのに血糖値が上昇してきたときには?
糖質制限がうまくいかないという方々へ
厳しい糖質制限ができない体質の人
レッド・ミート(赤い肉)で心血管系疾患が増える理由
肝機能異常が何年も続いているけれど、自分は糖質制限していいのか?
糖質制限を始めたら、貧血傾向にあるようなのですが?
腎機能障害がある場合、糖質制限していいの?ダメなの?
肝機能がすごく落ちている人は、適度な糖質摂取・制限が必要


プロフィール

carpincho3

50代の男性医師です。低糖質ダイエットを実践してその効果に驚き、このサイトを作りました。

連絡先はこちら↓
carpincho3blanco3@gmail.com 
(全角の@を半角の@に変えてください。)

私のブログをまったく読まずに一方的に質問を投げかけるのはおやめください。 いただく質問の答えは、ブログ内の記事、あるいはコメントでのやり取りに記載されている場合が多いと思います。 量が多くて読むの大変だから、ということであれば、知恵袋などの質問サイトをご利用なさってはいかがでしょうか。 また、コメントへの返信やメールへの返信は「無償の善意の第三者」としてやり取りさせていただいているつもりです。 自分の家臣に問いただす殿様みたいな非常識な投げかけは、ときに無視しますので、あしからずです。 コメントやメールには医学的に間違いないようにお答えしたいと思いますし、急に忙しくなって対応できないこともありますので時間がかかる場合があります、ご了承ください。


サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

記事総数: 293
コメント総数: 3334
スポンサードリンク
糖質制限関連おすすめ書籍
ウェブページ
リンク
読者の皆様へ

糖質制限がうまくいかない人は明らかに一定数存在しますし、その方々の存在を否定するつもりなど毛頭ありません。
人はそれぞれ遺伝子が違い、環境が違い、そのアプローチに挑むときの年齢や健康状態も違うのですから、同じことをしても同じ反応が出ないのは当然のことだと思います。 私も、そのことについては頻繁に言及しています。

しかし一方で、記事一つ一つは、異なる人へ向けての異なるメッセージです。
すなわち、個別記事というものは、どういう人々に何を伝えるか、ターゲットを明快にして書くものだと私は考えています。
そういうところでいちいち、しかし、例外はあります、とか言って全ての人に配慮した注釈を付けると、読む側もメッセージがなんなのかわからなくなります。

したがって、読まれた方の立場次第では、その記事では自分の存在を無視されているように感じる、配慮が足りないと感じられる記載内容があり得ます。
その場合、その記事はほかの人に向けられた記事であると、スルーしていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。

ぽっちゃりも糖質も菊芋におまかせ ↑宣伝ヽ(´▽`)/
スポンサードリンク