Top >> 関連書籍のレビュー >>  ダイエット外来の減量ノート

ダイエット外来の減量ノート


糖質制限食とはどのようなものか?

それを実践するには具体的にはどうすればいいのか?

江部先生の著作をはじめとして、既にたくさんの本が出版されているのですが、逆にそれで混乱している人も少なくないと思います。

あるいは、その説明の仕方が自分に向いているかどうかでピンとこない人もいるだろうし。


そんなあなたに新しい一冊です。


【送料無料】記入式ダイエット外来の減量ノート [ 今西康次 ]

楽天のリンクです。


今西先生のこの本は、項目数も絞られていて、一つ一つの項目が見開きで読めるようになっています。


減量ノートの目次.jpg


非常にシンプルで理解しやすい。

・・・私のこの「やたらに文章が多くてときどきマニアックな科学読み物になる変なブログ」とはまったく異なる読みやすい内容です(笑)。

個別ページも、例えばこんな感じです。


糖質中毒の説明.jpg


糖質中毒に関して、私はヘラー夫妻のホームページを読んで関連文献を読んで、いろいろネットサーフィンしてまとめきれずに挫折しておりますが、さらっと説明してくれています。

実践する人からしたら、これでいいんですよね。


また、この本のいいところは、直接本に記録を書き込めるようになっていることです。

スマホを使い慣れている人はそちらのアプリ群でいいのですけれども、なかなかそれが使いこなせないという方にはとてもお勧め。

また、直接書くという行為は、モチベーションを維持するのにけっこう有用な行為でもあります。

減量ノート.jpg


ということで、最近出版された本のご紹介でした。

良かったら紹介してくださいと、出版社さんからいただきましたが、本当に良い内容なので紹介します。

こちらはAmazonのリンクです。


記入式ダイエット外来の減量ノート―糖質制限実践マニュアル

よろしかったら覗いてみてください。

たぶん、医学的な話を聞くと眠くなるという方や、年配の方にやさしい本です。




ちなみに、出版社の方の話では、カルピンチョのブログ内容はマニアックすぎて本には向かないそうです・・・(/_;)

 


スポンサードリンク
2013年4月 6日 12:41

スポンサードリンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://xn--oqqx32i2ck.com/mtos/mt-tb.cgi/269

コメント(16)

はじめまして。
いつも楽しみに拝見しております。
減量ノート、こんなのが欲しいと思っておりました。さっそく購入してみようと思います。

初めまして。糖質制限を始めて約9ヶ月程の56歳、男性です。いつも理論的・実証的な記事を興味深く拝見さていただいております。
20代の頃は痩せぎすだったのが次第に体重が増え、50代初めには77㎏(身長171cm、BMI26.3、腹囲88cm)になっていました。もともと筋肉量が少なく、華奢な体格(貧相、とも言いますね)だったので、数値以上に質の悪い肥満傾向だったと思われます。これはさすがにまずいと思い、カロリーを控えるなど試みましたが、さほど効果はありませんでした。
昨年夏、偶然糖質制限を知り、夕食の主食を抜くあたりから始め、徐々にスーパーに移行しました。効果はまさに劇的なものでした。現在の体重は59㎏、腹囲は80cmほどに減少しています。
体重減少のほかに気がついた変化としては、
①以前は歯を磨くと歯茎からひどく出血していたのが、いつのまにか出血しなくなっていた。また、歯磨き時にはしばしばひどい吐き気を覚えていたが、糖質を減らしてからは、吐き気がなくなった。
②以前はよく下痢をしていたのが、糖質制限を始めてからは、ほとんど下痢をしていない。ただ、一度ひどい便秘を経験した。
③剃刀負けしなくなった。
④寒さに弱くなった?。この冬、10代以来久方ぶりに手足の指にしもやけができた。糖質制限をすると血行がよくなるといいますが、私の場合は(これが一時的なものかどうかわかりませんが)逆の傾向が出ているようです。あるいは単に栄養素が偏っているのかもしれませんが。

糖質制限で困ったこととしては・・・エンゲル係数の増大ですね。澱粉質中心の食事がいかに安上がりか、改めて痛感します。貧困層が肥満に起因する各種疾病に苦しめられる、ということが、本当に重大な社会問題になるのではないか、と空恐ろしい予感もします(私自身、所得のレベルで言えば「低所得」の層に属しますので)。糖質制限への反発は、単に一学会のメンツといった要素ばかりではなく、もっと社会的な問題に起因しているようにも思われるのです(私自身は歴史を多少かじった文系人間なので歴史的・文化的側面も気になるところです)。


改めまして、有意義な情報を提供してくださっているDr.カルピンチョ先生に感謝いたします。お忙しいことと存じますが、これからも多くの人たちに役立つ記事を発表してくださいますようお願い申し上げます。

丁寧なご返信、ありがとうございます。

以前の記事にもあったと思いますが、糖質を減らすと、まず内臓脂肪から減少する、とういうことは自分の実感として確かなことだと思います。改めて考えれば、18㎏の体脂肪・・・。どこかのラーメン屋の厨房で、一斗缶のラードが、どん!と置いてあったのを思い出しました。あのくらいの脂身が腹の中に納まっていたのか、と(笑)。

一方で皮下脂肪はほとんど減っていないみたいです。減量によって寒さを感じる理由として、皮下脂肪の減少を指摘する意見もあるようですが、私の場合は当てはまらないようです。もしかして、身体が省エネモードに変化している、とか。それで思い出したのですが、朝起きた直後、強い空腹感を覚えることが時々あるのですが、動き始めるとまもなく空腹感が収まります。もしかして、睡眠中には糖新生を最小限に抑え、活動を開始すると供に糖新生が活発になるような「省エネシステム」が働いているのではないか。まあ、あくまで、素人の妄想ですが。
体温の変化も確認したらよかったかもしれません(体温計が手元にないので確認できません。あしからず)。先生も以前コメントされていましたが、糖質制限を実行する方、特にこれから試みようとする方は、体重や血液データなどとともに、体温の変化もチェックされると、今後の有用なデータ蓄積に資することができるかもしれませんね。
食事内容が大幅に変わるのですから、人それぞれにいろいろな体調変化が生ずると思います。好ましい変化も、好ましくない変化もあるはずです。今、糖質制限という新しい領域においては、基礎データの蓄積(こんな不具合が生じた、というような報告も含めて)が、重要かと思います。まあ、私の報告などはほんの参考程度かとは思いますが、多少なりともお役にたてれば幸いです。

あと、気になることとしては、体重(腹囲)はこのあたりで安定するのか、あるいははまだ減少するのか、またはリバウンドするのか。なにしろ以前のメタボっていた頃の衣類(ことにズボン)が見事にサイズが合わなくなり、買い換えるにしても、タイミングを掴みかねているのです。いやあ、こんなに急激に痩せるとは想像していませんでしたから。貧乏人にとっては痛い出費です。(と言いつつ、内心面白がっていたりします)

ご教示ありがとうございました。
暁現象と睡眠時間の過多の影響、これには考えが及びませんでした。早朝時の一時的な血糖上昇と、それに対するインスリン分泌ですか。その結果としての血糖値の下降による空腹感(この理解でよろしいでしょうか)。なるほど、です。
糖質オフ(そこそこルーズ)と地中海食(もどき)、これからも継続します。まだまだ知るべきことは多い、と感じています。これからも先生のブログで学ばせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

カルピンチョさま
糖質制限をしてからぐっすりと寝れるのは血糖値安定が寄与してるのでしょうね。また反対に職場で糖質たっぷりの食事をした後寝てる人はけっこう苦しそうな顔や体を掻いてみたりとどうもあんまり理想的な睡眠ではないような。
睡眠というのは傷つき消耗した全身をリフレッシュするためでしょう。一番体重が軽いですね。逆に言えばタンパク質と脂肪というリフレッシュのための原料が充分でなければ・・・

日本の農業についてですが、本当は農家だって稲作なんてやめたいんですよ。ただどうにもならない、なにせ農地を自由に売買することすらできない仕組みです。身分制をやってるのと同じです。戦後の農地解放が大成功したとかいうのは今の糖尿病学会と同じでファンタジーです。大土地所有を企業がやるか地方貴族や名士が個人でやるかというただそれだけの話ですから。資本主義社会というのはやる気のない人が淘汰されないと成り立ちません。日本の農業が先進国最低なのは理由があるのです。

カルピンチョさま

社会主義というのは1930~1980年代まで日本およびヨーロッパで大流行しました。農地解放というのはGHQに来た本国左遷組のニューディーラーと社会主義官僚の結託の結果です。かつての通産省官僚たちも自動車産業は多すぎてまずい3つに絞るべきだと発言して本田宗一郎「二輪で成功した俺たちにへいこらしてた分際で四輪には来るなとはどういう了見だ」と激怒させました。こういう自由競争否定をやるとしばらくは失業も倒産もなく良く見えるんですが、諸外国の発展についていけず駄目になります。要は日本は農業だけ社会主義だということです。
案外知られていませんが社会主義者台頭の昭和初期まで日本は10%の経済成長です。そしてその後社会主義官僚が軍部初めほぼすべてのお役所でいばりだしてだめになります。ゼロ戦の後継機がついぞ現れなかったのはそのためです。そして戦後も1960年代に入って自民党が社会主義政策をやめるまで停滞は続いてます。国鉄、NTT、郵便局賛否両論ありましたが民営化するたび日本の景気は良くなってますよね。次はNHK?それとも農業や医療の株式会社参入でしょうか。

カルピンチョさま

最近の傾向ですが江戸時代というのはけっこう暗黒時代だったという説がありますね、なにせ薩摩と長州の石高で言えば幕府の十分の一程度の二つの国が外国と交易し真剣に改革に取り組んだらあっという間に終わってしまうわけですから。

ドラマ「ER」シリーズに出てくるDrコーディーは公的医療の破綻したイギリスから舞台になるシカゴに来たと言う設定ですね。反対にアメリカの一般家庭の破産の原因のトップは医療費だとか聞くと日本の制度はかなりうまいこと行ってる方かなと思います。 麻生財務相のだらしない生活をしてる連中の医療費を何で払わなきゃいかんというのもごもっともですが、いきなりの盲腸で数百万円払えと言われたら困りますよね。

一方で農業ですが国の根幹とか阿呆なこと言わずに、たかが食品製造業の一部に過ぎないという認識から始めた方がいいですね。

こちらのページでこの本の事を知り、
お取り寄せして拝読致しました。
見開き2ページに一つの項目で、
とても読みやすく分かりやすいと思いました。
ご紹介ありがとうございました

さて。
ダイエットしていて
私の身体に起こる不思議現象その2
(前回のは、ダイエット臭の話でしたが)
それは、
「ダイエット中はよく眠る」
という事です。
普通、
ダイエット中はおなかが空いて眠れない、
とか、
おなかが空いて朝早く目が覚める、
とかいう話を聞きますが、
私はまるっきり逆で、
ダイエット中は、睡眠時間を確保しないと
身体が保ちません。
成長ホルモンは夜中に出るという話ですが、
十分睡眠をとって、
身体を改変させているとうことなのだろうか、と、
漠然と考えています。
毎回エビデンスも何も無い、変なコメントで申し訳ありません......

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

関連書籍のレビュー

関連エントリー

オリーブオイルは発ガン促進作用がある危険なオイルなのか?
日本人と米について
肥満のない方での糖尿病発症の原因とは?
採血するときに刺しても痛くない場所
北里研究所病院「糖質制限」料理教室
ヒトはなぜ太るのか? そして、どうすればいいのか
ダイエット外来の減量ノート
バーンスタイン医師の糖尿病解決、読めば読むほどすばらしい。
植物はヒトを操る
糖質制限に加えて習慣づけてみるといいシンプルな方法


プロフィール

carpincho3

50代の男性医師です。低糖質ダイエットを実践してその効果に驚き、このサイトを作りました。

連絡先はこちら↓
carpincho3blanco3@gmail.com 
(全角の@を半角の@に変えてください。)

私のブログをまったく読まずに一方的に質問を投げかけるのはおやめください。 いただく質問の答えは、ブログ内の記事、あるいはコメントでのやり取りに記載されている場合が多いと思います。 量が多くて読むの大変だから、ということであれば、知恵袋などの質問サイトをご利用なさってはいかがでしょうか。 また、コメントへの返信やメールへの返信は「無償の善意の第三者」としてやり取りさせていただいているつもりです。 自分の家臣に問いただす殿様みたいな非常識な投げかけは、ときに無視しますので、あしからずです。 コメントやメールには医学的に間違いないようにお答えしたいと思いますし、急に忙しくなって対応できないこともありますので時間がかかる場合があります、ご了承ください。


サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

記事総数: 293
コメント総数: 3334
スポンサードリンク
糖質制限関連おすすめ書籍
ウェブページ
リンク
読者の皆様へ

糖質制限がうまくいかない人は明らかに一定数存在しますし、その方々の存在を否定するつもりなど毛頭ありません。
人はそれぞれ遺伝子が違い、環境が違い、そのアプローチに挑むときの年齢や健康状態も違うのですから、同じことをしても同じ反応が出ないのは当然のことだと思います。 私も、そのことについては頻繁に言及しています。

しかし一方で、記事一つ一つは、異なる人へ向けての異なるメッセージです。
すなわち、個別記事というものは、どういう人々に何を伝えるか、ターゲットを明快にして書くものだと私は考えています。
そういうところでいちいち、しかし、例外はあります、とか言って全ての人に配慮した注釈を付けると、読む側もメッセージがなんなのかわからなくなります。

したがって、読まれた方の立場次第では、その記事では自分の存在を無視されているように感じる、配慮が足りないと感じられる記載内容があり得ます。
その場合、その記事はほかの人に向けられた記事であると、スルーしていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。

ぽっちゃりも糖質も菊芋におまかせ ↑宣伝ヽ(´▽`)/
スポンサードリンク