Top >> つぶやき >>  三浦半島のカルピンチョ 内科クリニックで勤務を開始

三浦半島のカルピンチョ 内科クリニックで勤務を開始


ブログをほったらかしのまま、ご無沙汰しております。

そろそろ活動再開させていただきます。


で、オンラインだけでなくオフラインでも活動開始のお報せです。


実はわたし、産婦人科出身なのですが(外科系とにごしていてスミマセン)、

残された人生で臨床医として働けるのはあと20年くらい。

今さらですが、内科医として臨床に取り組んでいこうと考えまして


2016年4月から内科クリニック勤務を始めました。



スポンサードリンク


この半年ほど内科で週4日勤務させていただいて、患者さんを診させていただいております。

私も勉強させていただきながら←こらこら

でも、ここで鍛えられたおかげで、「先生は内科出身じゃないのに妙に糖尿病の知識が豊富ですね。」と、不思議がられております。


・・・で、私でよければ、

このブログの読者さんの生活習慣病などの治療のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

カルピンチョにもてあそばれるのがご希望の方はご連絡くださいw


クリニックの場所ですが

神奈川県は三浦半島の2つのクリニックで週に2日ずつ働いております。

一か所では火曜日と木曜日もう一か所では金曜日と土曜日に勤務しています。

どちらも京急駅から歩いていけるクリニックです。


でも

クリニック名はこのブログでは書きません、院長先生に迷惑をおかけしたくはありませんので。

それぞれのクリニックに治療方針がありますので、基本的にそれに従って治療させていただいております。

以前からそのクリニックで治療されている方の処方や生活指導を大きく変更することはしておりません。
(もちろん、糖質制限のことを説明して、興味をお持ちになった方の糖質制限実践のヘルプはさせていただいております。)



「カルピンチョの外来診療の指導下で糖質制限することに興味がある」

というブログ読者の方、

メールでお問い合わせください。


内容を確認させていただいた上で、クリニックの詳細をご連絡させていただきます。

ひやかし、匿名の方には返信しない可能性がありますので、ご容赦ください。


以上、ご連絡まで




追記

現在、関西での勤務を考えております。

来年1月からは3月は三浦半島では木曜日、金曜日、土曜日の三日間の勤務として、

日曜日、月曜日、火曜日、水曜日は阪神地区での勤務を考えています。


良いお話がありましたらよろしくお願いします。 ゞ(^▽^;)こらこら

2016年9月15日 22:58

スポンサードリンク

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://xn--oqqx32i2ck.com/mtos/mt-tb.cgi/374

コメント(36)

カルピンチョ先生

ご無沙汰しております。
ブログの久々のご更新ですが、「人生の一大転換期」を迎えてらっしゃったのですね(大げさ?)。
ご活躍をお祈り申し上げます。

しかし、三浦半島で「木・金・土」、阪神地区で「日・月・火・水」勤務・・・・・あれっ、休みは?(笑)
お体もお大切に。

カルピンチョ先生!久しぶりの記事に感激です。そして新天地でのご活躍、お祈りしております。

色々、本当に沢山悩みを相談させていただき丁寧なご回答今も抱きしめ元気にやっております。
ご無沙汰いたしましてすみません。現在血糖値はまだ思うようには下げられないもののSGLTとメトホルミン内服でインスリン量だいぶ減らすことができております。だるくて仕方なかった毎日でしたがインスリンが減ると体重も落ち体調も良くなってきました。

1型患者に対する先生からのエール、ずっとこのまま忘れないで一生やってゆきます。

はじめまして。
一ヶ月ほど前に低糖質ダイエットの存在を知り(遅い!)
9月から開始した45歳女です。
2型糖尿で投薬のみで一年ほど食事療法を続けていましたが、
どうにも効果がいまひとつで、しかも仕事がなくなった
ために通院代も厳しくなり年明けから薬もナシでした。
近ければ是非お願いしたいのですが、残念ながら
Q州ですがっくり。

ちなみに、いきなりスーパーを始めてしまいました。
今のところ大きな体調不良はなさげですが、もっと早く
このブログを知っておきたかったです。
(2週間目で蕁麻疹が出てあわてましたが、カロリー
不足の例のものではなく、蚊に刺されたアレみたいなのが
どんどんつながって面積が広がっていくやつでした。
注射打ってもらって薬飲んだら、翌日には消え去りました。)

体重は、減っているようなそうでないような・・・。
2kg落ちた後、蕁麻疹の後に風邪も引き1kg戻ってしまいました。

このブログを拾い読みしながら、アレっと思ったことがあり
慌ててあれこれひっくり返して確認してみました。
・・・処方されていた薬、メトグルコ、ルセフィ、
ベザフィブラートの三種類でした。

ルセフィwwwwww

しばらく笑いが止まりませんでした。
糖質6割の栄養指導しながら、ルセフィ・・・。
ああ、あのころ低糖質ダイエットのことを知っていたら・・・。

ルセフィ処方時は、最初の3ヶ月くらいはそこそこ
体重が落ちていた記憶がありますが、その後完全に
停滞してました。
当時の検査結果の紙を探したのですが、見つからず。
捨てちゃったかなぁ・・・。

糖尿発覚時は軽く大台を超えてましたが、9月の開始時点で89kg。
身長は163cmなので、先は長いです。
頑張り過ぎない程度に頑張ります。

カルピンチョ先生、大きな転換をなさったのですね!
是非ともカルピンチョ先生からもてあそばれたいところですが、距離的に厳しくとても残念です。
関東と関西を掛け持ちとはハードですね。
どうかご自愛ください。
私は先生の出身地の隣県在住です。
もしも郷里に帰って開業されたときは車飛ばして駆けつけます!

何度も失礼します、重要な感想を書き忘れました。
ブログ再開ありがとうございます!
嬉しいです、思わず拍手しました。

新しいご出発、とても嬉しく思います。
もうじき前期高齢者の仲間入りです。何かありましたら三浦半島まで(千葉から)お伺いしますので、その時はよろしくお願いいたします。
新天地(?)でのご活躍を期待しております。もちろんブログも。

診察はともかく先生に会いにゆきたい!^^

初めまして、いつも楽しく読ませていただいています。
糖質制限を始めて1年になります。
今60代女性です。
40才頃から降圧剤を飲み、50才頃からスタチンを飲み始めました。糖質制限で2つの薬が止められたらと思って頑張っています。
血圧はアムロジビン5mgを飲んでも150/90、コレステロールは半年頃から薬をやめていたら先日LDL310HDL109総コレステロール450中性脂肪70で、アトルバスタチン5mgを出されてしまいました。ゼチーアはすすめないといわれました。
薬は飲みたくないのですが、このままだと動脈硬化がすすんでいくのでしょうか?糖質制限のやり方が違うのかなと思ったりしています。なにかアドバイスを頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

早速の回答ありがとうございました。
回答のしにくい質問で申し訳なかったです。
糖質制限は血管をこれ以上傷つけないためにも続けていきたいと思っています。
糖質制限を勉強すると糖質制限がどうして体にいいのか、理屈ではいろいろわかってきました。
ただ、長年数値で一喜一憂しながら健康管理していたのが染みついていますので、高い数値が出て少し不安になっているのだと思います。(主治医は割と糖質制限に理解はありますが、動物性の油、油のある肉、マヨネーズ、卵とかは控えなさいと言われるとちょっとちがうなあと思ったりします)
どっちにしても、糖質制限したらこんなに元気になったよ!と言えるようになりたいので頑張りたいと思います。
まずは頸動脈エコーやって血管の中がどうなているか確認してみます!
ほんとうに忙しいところありがとうございました。

三浦半島ですか!
ガンバレば行けそうです?( *´艸`)
世田谷からは凄いかしら・。・。・

初めまして、なりたてほやほやの(いや、いつからだったのか…)糖尿人です。

先生のお人柄がとてもよく伝わってきて、私も先生に聞いて頂きたい!と思いました。

今年に入って体重減少があり、MAX8㎏減。


これはまずい、と受診し採血をしてもらった所、

血糖値260 A1c12.0% !Σ( ̄□ ̄;)

笑ってしまいました……。

その日の夜から迷わずスーパー糖質制限始めました。

色々検索していくなかで江部先生のブログを参考に、ただ今一週間経過。今日先生のブログにたどり着きました。

そんなに太ってないからⅠ型かもしれないといわれておりますが、まだ検査結果が出ておりません。

ただ、糖質制限して4日目には尿糖が一番右から左へ変わりました。

それも先生にはお伝えしたのですが、内服が処方されてしまいました。私としてはもう少し様子をみたかったのですが、これは譲歩です!と仰られ、こんな数値では致し方ないと本日より内服開始となっております。

この事は今は誰にも言えてないので、ちょっとスッキリしました。ありがとうございました。

今年入って5回目の休肝日。昨日、今日と我慢したら腰の痛みが良くなってます。

明日は、一本なら大丈夫かしら?と悩み中です。

ちなみに、44才働き盛りです♪また勝手に報告させて頂きますm(__)m

 お久しぶりです。三浦半島での生活はいかがでしょうか。
ご活躍をお祈りしています。
 今年も後1ヶ月と少し、来年の阪神地区での勤務地はお決まりに
なったのでしょうか。私の出身地の西宮市はおすすめです。

 ご存じかもですが、神戸ポートアイランドにある神戸どうぶつ王国ではカピバラさんたちと触れ合えますよ。大人でもとても楽しい施設です。ぜひ行ってみてください。

こんばんは。先生お忙しくお過ごしの事と思います。

今日は糖質ゼロ発泡酒一本、糖質ゼロのサワー一本、ワインに手をかけつつまた、報告させて頂きます。

先月、A1C12%が発覚した者でございます。

発覚後、すぐにスーパー(多分)糖質制限開始し24日が経過しました。

自己血糖測定器も購入、朝の空腹時血糖値と夕食前、後の測定しています。


内服はジャヌビア(朝)とメトホルミン(食後3回)。

測定値から割り出したA1C5.1%!!

すごい効果ですね。今までの生活がひどくて、改善できる割合が多かった事もあると思いますが、体調が良くなっていることを日々実感しています。

①左足のピリピリが消滅。
②雨の日の足のつりが消滅。(長靴でいつもと違う筋肉を使うからと思ってた)
③姿勢の悪さとPC作業、ストレスのせいと思っていた首から肩の凝りが消滅。(動脈硬化?)
④夜になると(アルコール摂取)左腰痛増強が消滅。

ここまでは3日から1w位です。

一昨日からは……

①頭~顔の皮膚が柔らかくなった!!
②毛穴が目立たなくなった!!
③体重が少し増えた!!(体重減らしたい方すみません)
④髪の毛がツヤツヤしてきた!!
⑤白髪が減った!!!!
⑥老眼が始まったと思ってたスマホの見にくさが改善された!!
これ、気のせいではないと思います!!!!
明らかに白髪がなくなりました!!!!

皆さんこんな嬉しい変化ありますか?

労せず痩せて、まさかの糖尿診断……

私は思いあたる事しかなかったので今もう少し筋肉を増やして(体重を増やす)健康になろうと思っています。

痩せてきたときラッキーって思ってしまいましたから。(>_

次の目標は内服をやめる事です。


あと2杯だけワインを飲んで血糖値測定して寝ます(笑)でも糖質制限して弱くなりましたわ。

喜ぶべき………かな。多分ここ10年近くビール飲んでワイン一本飲むなんて生活をしてきてますから…

私は全て自己責任でスーパー糖質制限を行っていることをここに宣言致します(^_^)/

それではまたm(__)m
※禁煙できてません(T-T)

こんにちは。
以前に何回か書き込みをしました内科医のdqndoc1019です。

久しぶりにブログを拝見しましたら、転職されて三浦半島の方でお勤めとか。密かに糖質制限を武器に診療されているご様子がうかがわれます。

実は私もこの夏から職場を変えまして、今の職場は割と糖質制限に理解がある印象なので、担当する外来ではいずれ
「糖質制限をやってみたい方、ご指導いたしますのでぜひお越し下さい」
と宣伝に掲げてみたいなと思っております。

それでは、また

はじめましてこんにちは!いつも有益な情報楽しみに拝見させていただいています!
イギリスの炭水化物表記についてご意見お願いします。
今回、自分なりに調べても良くわからずサイトに問い合わせても返事が帰ってこないので困り果てて、こちらで先生に質問させていただきました。
イギリスの〇〇〇〇〇〇というオンラインのショップから〇〇〇〇〇ブラウニーというものを購入しました。(記載されたurlは管理者が削除しました、サイト名と商品名も削除しました) 

こちらの炭水化物は27g砂糖は4g食物繊維2gとあります。差し引いた残り21gはスクラロースとみてよいのだと思いますか?こちらは糖質制限的にセーフなのかアウトなのかわからず購入後も1つ食べて冷蔵庫で眠っています。お忙しいところ大変恐縮ですが成分を見ていただいて解凍いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
(記載いただいたウェブサイトurlもその製品の会社のサイトであり、管理人が削除しました。できればご自分のサイトのurlを記載頂けたらと思います。)


>さつきさん

スクラロースは砂糖の600倍の甘さを持つ甘味料ですから、そんなものが21gも入っていたら甘くて悶え時にしてしまうと思います。

ということでおそらく普通の小麦粉などの炭水化物であろうと考えます。

その前提で返事しますと、スーパー糖質制限的には27gの炭水化物のおやつはアウトです。
それ一個食べただけでほかの食べ物の選択肢の幅が狭まりますから。

たとえば体重60㎏の人が糖質制限する場合、以下のいずれかになると理解しています。

糖質摂取を
一日15g以下に抑える厳しめ (釜池先生推奨)
一日60g以下に抑える現実的 (江部先生推奨)
一日120g以下に抑える緩め (山田先生推奨)

27g物炭水化物を含むブラウニーを食べてしまうと、きびしいでしょう。

ただ、山田先生の食事パターンの場合に、一日一つだけおやつを食べてもいいという設定にしたときに、おやつとして選ぶのであれば許容範囲内の糖質量かとは思います。

 ご無沙汰しております。四月から完全関西人になられるのですか?
では日本での主治医になっていただけますか?今年は11月以降になりますが、その際はコメント欄で詳細をお尋ねしますので、どうぞよろしくお願いします!

 うわあ、すっごく楽しみです。糖尿病の夫は年1回の定期検査は受けていますが、最低必要限度しか検査してもらえません。無料なので仕方ないですが。糖尿病でない私も基礎インスリン値とか知りたいのですが、そういうわがままも聞いてくださいます?もちろん保険外でよろしいですので。

カルピンチョ先生お元気そうで何よりです。
どう考えても関東と関西の勤務はhard過ぎないかと心配でしたので。
関西人になられるそうで、少し九州に近づいたので何だかちょっと嬉しいです。通院するにはまだまだ厳しいですが(^^)
記事の構想もストックされているのではと勝手に推察して期待に胸を膨らませております。
楽しみだなぁ。

こんばんは。わー、やっと先生のコメントが‼嬉しいです。ちょっとこの時期忙しくて、近々経過をご報告させて頂きます。先生も少し落ち着かれたのでしょうか、本当に嬉しいです。ご自愛下さいませ。

担当の先生が先月このままならもう少し先に一つは減らせるかも、と仰ってましたのでジャヌビアなのかもしれませんね。

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

つぶやき

関連エントリー

三浦半島のカルピンチョ 内科クリニックで勤務を開始
糖質制限は万能健康法ではない、勘違いしないようにね
ラグビーWCクラスの選手の運動能力を維持できるのは糖質
災害時の非常食でも糖質制限するには何を準備したらいい?
インスリン抵抗性と「耐糖能」という概念は同じ能力を表すのか?
現生人類の進化と食餌 肉食と糖質食のどちらが初期設定に近いのか?
ビタミンCには神経毒性があり、大量に摂らないほうがいい?
ポッカリ月が出ましたら、舟を浮べて出掛けましょう
脂肪をエネルギーとして利用する能力で鳥は人間より優れている
乳腺細胞を発達させる植物由来エストロゲン様物質を摂取すると?
糖質制限でバストアップ(糖質摂取と女性の皮下脂肪からスピンオフ)
女性の丸いふくよかな体を作るのに最適の栄養素は?
お腹の赤ちゃんの栄養源はお母さんの身体に皮下脂肪として備えられている
赤い鳥が赤いのは赤い実を食べたからか?
メダリストのボディ・ミラーも糖質制限してソチに臨む
STAP細胞と糖質制限の類似性について
糖質オフの会のご連絡
プラダを着た悪魔
新型人類でもお腹ポッコリはだめでしょ
ぼくのおうちのはなし
現代日本のメタボ中高年は糖質制限すべきです
今年も3分の2が過ぎようとしているね。
強靭な肉体と運動能力のマーサイ族の糖質摂取率は?
おひさしぶりです
痩せる薬効が特許切れの抗アレルギー薬(アンレキサノクス)から発見されたとな?
砂漠で生き延びる方法
あけましておめでとうございます。
カピバラくんに清き一票をお願いします♪ 7位入賞!
低糖質食、ダイエットはおまけ、血糖コントロールが目的です。
うどんは大好きでしたし、今でも魅力的な食べ物だと思います。
われわれは植物の恐るべき戦略に踊らされている
報道特集で糖質制限の特集してました。2012年9月15日
ようやく週末、秋の気配も感じられて食欲が・・・
最も簡単な糖質制限食の始め方 豆腐とオリーブオイルで
コロラド州はアウトドアスポーツの盛んなステーキとワインの美味しい州
ウェスト・バージニアといえばペパロニ・ロールらしい。
ジャンバラヤとザリガニ・パイとフィレ・ガンボ、今夜は彼女とデートだぜ♪
肉食だから3時間もつのよ、和食じゃ1時間で集中力切れちゃうわ。
現代人は一年中、冬眠前の熊なのです。
糖質制限してるのに全く痩せないという人たち
糖質制限ダイエットで理想の身体は手に入れられるのか?
糖質制限ダイエットに向いていない性格がある?
低糖質ダイエットの欠点 人付き合いでちょっと困る
低糖質ダイエットは手段の一つの選択肢で、目的は・・・
どうして糖質の味を人は好むのか?
駅の立ち食い蕎麦ほど恐ろしい食べ物はないと思う
なぜ低糖質ダイエットが自分にはよかったのか
炭水化物抜きダイエットしてるんですか?


プロフィール

carpincho3

50代の男性医師です。低糖質ダイエットを実践してその効果に驚き、このサイトを作りました。

連絡先はこちら↓
carpincho3blanco3@gmail.com 
(全角の@を半角の@に変えてください。)

私のブログをまったく読まずに一方的に質問を投げかけるのはおやめください。 いただく質問の答えは、ブログ内の記事、あるいはコメントでのやり取りに記載されている場合が多いと思います。 量が多くて読むの大変だから、ということであれば、知恵袋などの質問サイトをご利用なさってはいかがでしょうか。 また、コメントへの返信やメールへの返信は「無償の善意の第三者」としてやり取りさせていただいているつもりです。 自分の家臣に問いただす殿様みたいな非常識な投げかけは、ときに無視しますので、あしからずです。 コメントやメールには医学的に間違いないようにお答えしたいと思いますし、急に忙しくなって対応できないこともありますので時間がかかる場合があります、ご了承ください。


サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

記事総数: 293
コメント総数: 3369
スポンサードリンク
糖質制限関連おすすめ書籍
ウェブページ
リンク
読者の皆様へ

糖質制限がうまくいかない人は明らかに一定数存在しますし、その方々の存在を否定するつもりなど毛頭ありません。
人はそれぞれ遺伝子が違い、環境が違い、そのアプローチに挑むときの年齢や健康状態も違うのですから、同じことをしても同じ反応が出ないのは当然のことだと思います。 私も、そのことについては頻繁に言及しています。

しかし一方で、記事一つ一つは、異なる人へ向けての異なるメッセージです。
すなわち、個別記事というものは、どういう人々に何を伝えるか、ターゲットを明快にして書くものだと私は考えています。
そういうところでいちいち、しかし、例外はあります、とか言って全ての人に配慮した注釈を付けると、読む側もメッセージがなんなのかわからなくなります。

したがって、読まれた方の立場次第では、その記事では自分の存在を無視されているように感じる、配慮が足りないと感じられる記載内容があり得ます。
その場合、その記事はほかの人に向けられた記事であると、スルーしていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。

ぽっちゃりも糖質も菊芋におまかせ ↑宣伝ヽ(´▽`)/
スポンサードリンク